デカイ!けど名前は小太郎です。

デカイパピヨン小太郎とゆず。 今日も元気一杯食欲全開っ♪ ゆずと小太郎だけでも大変なのに ナント!凶暴野生猫まで捕獲っ! お空のブラちゃん。。。見てるか~い♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

『ワンコ投げ込み事件』

『ワンコ投げ込み事件』 コタパパ著



私のアウトドア好きのせいかブラッキーに対する想い出には夏が多く、

その一つに、ブラッキー金槌克服トレーニングがある。


そこは栃木県の超田舎に流れる清流。山に囲まれた川は清流添いに吹く風が心地良い。


川に降りるいつもの道路脇に車を停め、下に見える川に目をやると

夏休みのせいか近所の子供が3~4人で泳いでいる。

時折、飛び込み台となる岩場によじ登り、高さ1~2mの滝壷に飛び込んでいる。

んん~ん、なかなか楽しいそうだ。流石に清流は冷たく、冷えた身体が唇を紫にし、

子供たちは夏の強烈な日差しで焼けた岩場に身体を預け、暖めている。


私達はキャンプ用の椅子や缶ビールを抱え、ワンコ三匹(ブラ・コタ・ゆず)を連れ、

向こう岸に渡れる浅瀬を探した。

bura070531-1.jpg


渡った浅瀬は膝より低い水位で、先ずは私が渡り、義母・娘・かぐらの順で渡りだす。


アユが泳ぐ川底はコケが付いた拳大の石がごろごろとあり、流れに足をとられて義母が

尻餅をついたが、まぁ暑い夏には水遊びと考えれば良いだろう。


次はリードを付けた小太郎を連れて川に入ります。「行くぞ!、小太郎」

小太郎は軽やかに川に入り、私も転ばないように1~2m先に注意を払ってよろつきながら

歩いていると、持ったリードにテンションが掛かってくる。

ふと小太郎を見ると、涼しい顔をしているが身体は水に浮き、足は忙しく水をかいている。

ワンともキャンとも言わず。「う~ん、小太郎には水泳の素質がありと見た」


流石に小さいゆずは抱いて渡ったが、体高が小太郎の倍はあろうかのブラッキーの

リードを川に向かって引っ張ると、生まれたての子馬のように「キョ~ン、キョ~ン」と

悲鳴にも似た鳴き声で拒否を訴えかける。んん~ん、なんとも情けない。

最後にはかぐらに抱かれての川渡りとなった。

bura070531-2.jpg





水際の平らな砂場に椅子をセットし、途中で買った焼き鳥に缶ビール。

「プファー うう~ん、旨い」外で飲むビールは至福の一時です。

ではそろそろ私達もと、川に潜ると深さ2~3mはあろうかと思われる川の中には、

アユなどの魚が群れをなし、今にも手に触れそうです。川上から背泳ぎ状態で

川の流れに身を任せ、青空を見上げると雲ひとつ。

清々しい夏です。一息泳ぎ、泳ぎの天才犬「小太郎」を両手に抱え深水に連れていき

手を離すと、流されながらも泳いで帰ってきます。2~3回泳がせ、ゆずと交代。

ゆずも見事に泳いで帰ってきます。あまりに見事に泳ぐのを見て、最後には川の中央に

投げ込みます。

ハハハッ、やはり見事な犬掻きで戻ってきます。


いよいよブラッキーの番です。「小太郎達も泳いだだろ」「怖くないよ」と声をかけながら

ブラッキーを抱き上げ、水の中へ。

すると、ブラッキーも泳ぎます、泳ぎます。

2~3回繰り返し、最後は洗礼ともいえる投げ込みです。

宙に舞い、流石にブラッキーも驚いたのか前足を水面より高く上げ、

「バチャン バチャン」と人が溺れるのにも似たもがき様。


しかし、人様が溺れるのと違い顔は水面に出ています。

そう、水を飲んでいるわけではありません。

私が泳いで近くに行くと、「バチャン バチャン」泳法から「犬掻き」泳法になるのです。

本来、犬は泳げるもの。

向かいの島に恋焦がれたメス犬に会いに、泳いで島を渡るノンフィクション映画があったが、

犬に限らず、馬や牛、象だって泳げると信じる私のワンコ投げ込みは愛の鞭であり、

決して虐待ではありません。っと、何気に言い訳を言っておこう・・・。


そしてGO飯。。。


gohan070530-1.jpg

この日の朝は羊のスネ肉だったので(時間が無くて写真は無しよ)
夜は馬肉(ボイル)とアラビキマトンタン(生)少々に野菜ペースト
キャベツとトマトともやしと黄な粉と亜麻仁オイルに白すりゴマ。。。だったような?


ブラを投げ込むなんて!(怒)
YUZU2.gif

って、おもったけど、水中歩行犬だったのに
この日、泳げるようになったのよね
kagura3.jpg

でも、やっぱり泳ぎは得意じゃなかったわ~
そんなブラちゃんに
クリック♪ボチッ!とな
にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ



スポンサーサイト


  1. 2007/06/04(月) 08:32:10|
  2. ブラッキー|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:5
<<待っててね | ホーム | 何かいい考えは・・・?>>

コメント

そんな昔から・・・・投げ込みはかぐら家伝統だったのですね・・・・

そうそう、野生の動物はみーんな泳げますよね。
沈む?と思われそうな像も、あの足じゃ水かけないでしょう~と思う鹿も。

この写真のブラッキー君・・・何思って見てるのかな~?
「仲間だ」かな「あんた誰?」かな~。
ゆずちゃんが来た日のツーショット(スリーショット?)はないの?


>流れに足をとられて義母が尻餅をついたが、
まぁ暑い夏には水遊びと考えれば良いだろう

これすごい受けてしまいました。
お義母さんはあわててたのではないでしょうか。
  1. 2007/06/04(月) 10:23:10 |
  2. URL |
  3. kuro #-
  4. [ 編集]

そうか、「伝統投げ込み法」なのね。
動物はみんな泳げるから、大丈夫なのよね。
清流に連れて行ってくれる自然児コタパパさんがいて、
みんな幸せだったね。
私もアウトドア派の人と一緒になればよかったな。
ぷりんもこんなふうに投げ込めば、水嫌い克服できるかなぁ…
さわやかな山の空気をかぐことができたような記事でしたね。
  1. 2007/06/04(月) 11:38:10 |
  2. URL |
  3. きゃらめるママ #FSWxS8aY
  4. [ 編集]

そうか、投げ込みはかぐら家の伝統行事だったのね
でも、自然の中でニコニコしながら遊ぶワンを見るのはいいよね~

えっと、きゃらめるママさん?
投げ込んだ場合、克服する可能性もあるけど…
我が家の場合、むぎと私のあいだに深い溝が出来上がりましたけど
今年の夏は挑戦するのかしら~?
  1. 2007/06/04(月) 16:00:35 |
  2. URL |
  3. みやび #-
  4. [ 編集]

そっか!
何事も、伝統、トレーニングといえばいいのね!
目からうろこだわ。(笑)
しかし、様子が目に見えるよう。ブラさんをコタパパが投げ込んだ時の、かぐらさんの、『やめて~!』という絶叫が聞こえてきそうですよ。(笑)
  1. 2007/06/04(月) 22:24:06 |
  2. URL |
  3. ちょこ母 #-
  4. [ 編集]

投げ込みは、伝統行事だったんですね(笑)

うちは、小さい頃間違って川に入って?ずぶぬれに
なってから、水が苦手になりました。
いきなりっていうのが、残っているんでしょうか?
あの時は泳いでいたんだけどなぁ。
今年の夏は、このトレーニング法で頑張ろうっと(笑)!

写真のブラさん、怖くないよ「宜しくね」って
優しい表情ですね。
  1. 2007/06/05(火) 00:40:48 |
  2. URL |
  3. クゥー #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dekaikedokotarou.blog64.fc2.com/tb.php/215-e4a3654f
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。