デカイ!けど名前は小太郎です。

デカイパピヨン小太郎とゆず。 今日も元気一杯食欲全開っ♪ ゆずと小太郎だけでも大変なのに ナント!凶暴野生猫まで捕獲っ! お空のブラちゃん。。。見てるか~い♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

魔性の女・・・えっ?

『魔性の女』


小太郎参上後、約二ヵ月後に「ゆず姫」のお輿入れとなった。

数ヶ月は三匹仲良く遊んでいたが、ゆず姫に大人の香りがしだした頃・・・
仁義亡き戦いは始まった。今の小太郎は“へたれ”だが、
その頃の小太郎は菅原文太だった。ブラッキーの前に悠然と立ちはだかり、
「ゆずはワシの嫁じゃけんのぉ」と言わんばかりに「ガルルルゥゥ」と威嚇する。

威嚇だけなら冷静で温厚なブラッキーも相手にしないが、
菅原文太になりきった小太郎は、かぐらの制止も聞かず牙を剥いてブラッキーに
飛び掛った。
ブラッキーも瞬時に牙を剥き戦闘態勢となる。

bura070216-1.jpg


かぐらは小太郎の身を案じ小太郎を抱き上げ腕で小太郎を隠した。
一度、心身ともに戦闘態勢に入ったブラッキーは小太郎をロックオンと同時に
スイッチが入った。かぐらは小太郎を抱いて隠すが、ブラッキーが発射した
ミサイルは止められず、ブラッキーの牙がかぐらの腕深く食い込んだ。


信頼していたブラッキーに裏切られた悲しみか、傷のあまりの痛さか、
かぐらは声をだして泣いた。


かくらの鳴き声に小太郎とブラッキーが我を取り戻し、
申し訳なそうにかぐらの顔を覗き込む。


そんな仁義亡き戦いは二度ほど繰り返されたそうだが、私はその現場を一度も見ていない。


その後、小太郎が『いつか、タマとったるけんのぉ』と言ったかどうかは定かでないが、
ブラッキー亡き今、仁義亡き戦いは自然終局となった。

yuzu070222-2.jpg





この出来事は、その後、「ゆず」が魔性の女と呼ばれるようになった所以である。

tri11.jpg


泣きましたよ・・・私(笑)


ブラッキーが小太郎に飛び掛る前に
既に小太郎に噛まれてブラッキーは
耳や顔から出血していました。


そう・・・小太郎は先手必勝とでも思っているのでしょうか?


でも、この後、二度と激しい喧嘩をすることはなくなりましたけどね。


いえいえ、小太郎は事あるごとにガルッりますけどね。


この後ブラッキーが怒ることはありませんでしたよ。


ホントですよ。


 


さて、機能の写真の場所ですが・・・


ufufu2.jpg
先ず、入口には↑


その隣には・・・↓


ufufu3.jpg


・・・で中に入ると↓


ufufu1.jpg


そして


ufufu5.jpg


もうお判りになったかな~?


ufufu4.jpg


そうです、トイレです(笑)
しかも、サービスエリアのトイレよ~♪


トイレから出てきて、ちょっと待っててね!
といった私に、夫は・・・
なんでトイレで写真なんか?
って言ってましたけど・・・(笑)
画像を見て納得だそうです(笑)
因みに男子トイレは普通のトイレだったそうですよ~♪


勝った!(笑)


 


ブラが私を噛んだのだって・・・
YUZU2.gif
小太郎が悪いのよね~(笑)
ってか、小太郎が文太さんなら・・・
ぶらさんは・・・鶴田浩二?(笑)
じゃ、ゆずって・・・?(笑)
kagura3.jpg

これでこたぱぱ著は終わりみたいです。
にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
皆様、御付き合いありがとう~♪


・・・と、言う訳で・・・
明日からは通常に戻り
ゆず・こた・ブラの日記です♪



スポンサーサイト
  1. 2007/06/07(木) 08:59:00|
  2. ブラッキー|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:25

2wans目登場

『小太郎参上』


当初、かぐらは働いていなかったが、家に閉じこもり(引きこもりとは、ちゃいますよ)
も良くないだろうと、比較的、勤務時間が自由になる仕事に就いた。
その後、ブラッキーが来たため昼間はブラッキーだけの留守番となる。
番犬という熟語があるぐらいだから、ブラッキーを残しての仕事も良いだろうと
私は思ったが、
長い間、祖母に預けた後ろめたさか「ブラッキーが寂しがるから、もう一匹飼おうと」
とかぐらが言う。私は・・・「えぇー 2匹は駄目だよぅ」

bura070604-1.jpg


ボール遊びが大好きだったブラ
水ふうせんをボールだと思い込み・・・(笑)



しかし、かぐらは娘と密かにペットショップ巡り。

ペットショップで子犬を見つけ、娘と作戦会議を開いたかは定かでないが、休日を待ち、
「見るだけで良いから」と私を執拗にペットショップへ誘う。
母娘一丸での勧誘はあまりにしつこく、「見るだけだよぉ」「本当に、見るだけだよぉ」
と私は重い腰をあげた。


かぐらは「とっても可愛いでしょう」「ブレーズが通っていて・・・etc」
「ねっ、飼って良いでしょう」
しかし・・・いけません、見てはいけないものを見てしまいました。
私は心の中でつぶやいていた。『・・・可っ可愛いじゃん』私の気持ちは固まったが・・


 

kotaroutoujyou2.jpg
小太郎、我が家に到着、箱を開けた時の画像です




かぐら 「飼って。良い?」「ねぇ飼って。良いでしょぅ」
私   『2匹目は駄目だよぅ』
お嬢  「私が面倒みるから良いでしょぅ」「ねっ、お願い」
私   『本当にお前が面倒見るんだな』
- 素直に飼って良いって言わなくて良かったぁ ホッ -
お嬢  「本当だってばぁ」
私   『しょうがねぇなぁ 飼うかぁ』
 

kotaroutoujyou1.jpg


てな訳で、小太郎参上です。


しかし、我が家の一員となった赤ちゃん小太郎はデビルの如く
かぐらやお嬢の手を噛み、当然、お嬢からは見放され健気なパピヨンは
一匹狼と変身した。


しかし、小太郎は当家のボスが解ると見え、私とブラッキーを噛む事は
なかった。
この結果から、残念ながら私の目論見は大きく外れ、小太郎は
私の担当となった。


そこで一句
   「うちのお嬢 はめたつもりが はめられた」


bura070604-2.jpg


ブラッキー、迷子にならないで
お空に行けた?  ママより・・・


さて、コチラの回顧録につきましては
ちょっと・・・


私と娘はペットショップめぐりなんて
してませんでしたよぉ~
小太郎が家に来る前に、ゼロという呼び名の
(本当は、ガジって呼んでるけど)
マックという(ややこしいね)MIXU^ェ^Uがおりまして・・・


このゼロ=ガジ=マックは
シーズー×ヨーキーのMIX♂なんですけど
家を脱走して、何度も我が家に来てしまうんです(困)


何度お家に帰しても・・・


また、来ちゃうんです(笑)
でも初めて家に来ちゃったときは
何処の子かわからない為、警察にも届けを出し
朝晩の散歩で出会う方一人一人に聞いてみたり・・・
勿論、首輪とリードも購入してね。


そして、遂には家から出られないように
厳重に施錠されてました(笑)


でも時々、お庭に離されている事があって・・・
今でも、なんだかとっても可愛いの
だって、何泊かしてますからね、我が家に(笑)


この子がとってもブラと相性も良く
ゼロが家に居る間のブラはとても楽しそうで・・・
後から飼い主さんから聞いた話ですが・・・
このゼロ=ガジ=マック君、
犬が大嫌いで絶対にガウって遊べないんだそうです
それなのに、ブラとは相思相愛で(笑)
そして、この子が可哀想なのは・・・
小型犬なのでお散歩はさせないんだそうです。
我が家に居た間、朝と夕方、ブラと一緒に
とっても嬉しそうにお散歩していたガジ・・・


それでも、他所様の子ですからね
お返ししない訳には・・・(笑)


それで、2匹目を検討した・・・と言う訳です。



さてさて・・・↓の写真ですが・・・


dokodeshou.jpg


コレって何処だと思いますか~?


正解は次回(笑)


んで、GO飯です↓


gohan070604-1.jpg



なんだかごっちゃごちゃの
ブログになってきちゃってますよね(笑)
YUZU2.gif

しかも、皆様の所になかなかコメントが
書けなくて・・・
でも、昨日から少しずつお邪魔させていただいてます。
お邪魔した再は、また前のように
オバカなお話でもしてくださいね、皆さん(笑)
kagura3.jpg

本当にゴメンナサイネ。
それでも来てくださっている方、
本当にありがとうございま~す
にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
そして今日も叫んでみる私・・・


ブラ~♪




  1. 2007/06/06(水) 09:14:27|
  2. ブラッキー|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:19

待っててね

『一時の別れ』


私もしがないサラリーマン、突然、愛知県への転勤命令が下り住まいを探すが

狭いアパートしか見つからず、やむなく義母にブラッキーを預ける事になった。


かくらの断腸の思いは重々承知していたが、きっと迎えに行くぞの決意で遠距離恋愛を開始。


引越し当日、異変に気付いたのか朝からそわそわするブラッキー。

トラックへの積み込みも終え、駆け付けて戴いた友人知人に別れの挨拶している

最中にもブラッキーは擦り寄ってくる。

置いて行かないでと訴えるような眼で、かぐらを見続ける・・・。


別れて間も無くブラッキーの身体に異変が。

この件については、楽しい想い出を主に追悼の意で書いているため、

詳細については敢えて書き控えさせて戴こう。


GW・夏季連休・正月連休の度に会うブラッキーとの再会は、身体の異変など

無かったかのように飛び跳ね、満面の笑みで我々を迎えてくれた。


しかし、一時の再会には必ず別れがあり、ブラッキーには幾度も別れという辛い

思いをさせてしまった。

bura070601-1.jpg





我が家のワンコ達は置いて行かれる寂しさを知っているのか、ブラッキーに教えられたのか、

「車で散歩に行くよ」の言葉を理解しているようで、小太郎やゆずでさえ「車で散歩に行くよ」

と声をかけると、玄関からノーリードでも車のドアにまっしぐらです。




『再会』

愛知県への引越しを終え、本社に近くなったせいもあり私の仕事も忙しくなったが、

かぐらの寂しさを紛らわす為、殆どの土日休みは海や山にキャンピングカーで

遊びに出掛けた。


特に冬は毎週の様にスノーボード(私、50歳台の中年暴走ボーダーです)を家族で楽しんだ。

しかし、お出掛けは一時の楽しみ。

ワンコは、常に傍にいて、愛される喜び、可愛いしぐさ、可哀想、楽しそう、悲しそう、

など存在の反応に価値があり、お出掛けの楽しさとの比較自体が矛盾している。


何とかブラッキーとの生活を再開できないか、幾度と無くかくらと話し合ったが、

栃木県の家は固定資産税をうん十万も払わなくてはならず、2軒目の家を持つのも・・・

どうしたものだろう。


しかし、かぐらの決断は早かった。朝刊のチラシを見ていたかぐらが、

「すぐ近くに古いけど庭付きの家が安くでてるよ」「早速、見に行こう」と

かぐらが私の手を引く。

その家は、敷地面積75坪の5LDK。「キャンピングカーを売って、あなたの小遣いを減らし、

晩酌のビールも減らし・・・etc。

「費用捻出影響は全て俺だけど・・・まっ、いいっかぁ」チラシを見てから2~3日の

仮契約だった。


古いけど新たな家?にやってきたブラッキーの喜ぶ笑顔は、飼い主と生活できる喜び

と言うより、母親と生活できる喜びのようにかぐらに身体を摺り寄せ、2度と置き去りにするな

といわんばかりだった。

bura070601-2.jpg
助手席getのブラちゃん


 


本当に、ブラにはかわいそうな事をしたなって・・・
いつも思ってました。本当にいつも。


それでもブラは年始の渋滞に巻き込まれ
12時間以上も車に乗って我が家に到着したとき
クタクタに疲れているはずなのに・・・
私を見て走りよって来てくれたね。


ありがとう、本当にありがとう。。。


それから毎日、今まで離れて暮らしていた
時間を取り戻そうと思って
3時間の散歩、したね~(笑)
毎日ね(笑)


もうウチに来た頃は足も弱っていて。。。
でもブラはマッサージしてあげるととても気持ち良さそうに
うぅぅ・・・とか声を出しながら甘えてきたね。


可愛いブラ。


ママは、もう・・・オマエと同じ種類のワンコ
飼えないよ・・・
私のシェルティーとの生活は
ブラ、君で終わりだよ。
ずーっと私の中のシェルティーは
君たち4シェルズだけだよ・・・


ところで・・・
今まで一度も書いた事が無いんだけど・・・
YUZU2.gif

実は、ブラちゃん、抱っこが大嫌いだったの・・・
kagura3.jpg

しかも、子犬の頃からさ。。。
にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
実は私の事嫌いだったのか?


kyuuri070605-1.jpg


きゅうりさん、頑張ったね(笑)


 


kyuuri070605-2.jpg


早速、朝食に頂きましたよ。
勿論3wansもね♪


 


tomato070605-1.jpg


トマトももう少しで色がつくかな~?


 


んで、GO飯もね↓


 


gohan070605-2.jpg




  1. 2007/06/05(火) 10:45:59|
  2. ブラッキー|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:30
| ホーム | 次のページ→
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。